ぼちぼちいこか
病気療養中だけどぼちぼち明るくいきたいネ♡

父路門先生のご帰天☆番外編

父路門先生とは、結婚してからは、夫婦共々おつき合いいただいておりましたので、
当然、連れ合いも「通夜の儀」には参列させていただきました。
彼は浄土真宗の僧侶でもあるので、法衣で参列したのですが、
意外な事に、僧侶らしき方は彼以外におらず、案外と目立っておりました^^;

その連れが、私のブログをfacebookでシェアしてくれたのですが、
その投稿文がとても良かったので、その投稿文そのままをここでご紹介したいと思います(^^ )ノ♪
(もちろん本人の了解済みです)

当たり前の話ですが、関わり方が違うからこその、捉え方の違いは、
私が思い入れが強くいっぱい一杯になってしまった分、
ちょっとした救いすら感じます(^-^*)☆!!

お通夜の時の様子も、私の書いたものより詳しく、わかりやすいかもしれません(^^;;

_________________________

◎宇田 紅

ご記憶してられる方おられるでしょうか?
去年の4月頃にカソリックの引退された神父様達が暮らしてられる施設に、家内が学生時代からお世話になっていた神父様をお訪ねした時の話しを。

(以下がその時の文章です)
 ○2013年4月17日
 先日、家内が学生時代からお世話になっているカソリックの神父様に面会にうかがいました。
 ご高齢なので上智大学神学部の一隅にある「ロヨラの家」という施設におられます。
 5分の面会もベッドで寝た状態で、でしたが一生の間祈りとうして来られた方の平安と威厳と明るさが直接伝わってきました。
 「ロヨラの家」にも同じ種類の平安が漂っていると感じました。
 宗教を持っている事の豊さが直接伝わってくる良い経験をさせていただきました。

 
 ○2013年12月24日
 家内が学生時代にお世話になったイエズス会の神父さまから、クリスマスカードをいただきました。
 写真に写っているのは老齢やご病気で引退された神父さま達です。
 明るいな〜この方たち。
 日本ではクリスマスは子供と若い人のイメージですが、
 人生の最晩年をこんなに明るくするのがイエス様の真骨頂という気がします。
 もちろん、この方達が生涯を財産を集めるためでも、権力を固めるためでもなく過ごしてこられた結果でもあると思います。
 一生涯をどういう方向に使うかは、人生の一大事であると考えさせられます。


その神父様がこの8月9日にご昇天されました。
去年お訪ねした時もパーキンソン病が進行し、ベットに横たわれての面会でした。
7月に「いよいよ危ないかも」という知らせを聞いていたのですが、この10日にご逝去の知らせが入りました。

父路門フランソワ(正確には)司祭は26歳の時に来日され、その後、東京の聖イグナチオ教会で司祭になられたそうです。
1966年から36年間上智大で教鞭をとられ、学生寮の舎監などをなさってられました。(この頃に家内が友人の勉学と信仰上の師としてお会いしました。)

11日に四谷の聖イグナチオ教会でのお通夜に家内と2人でうかがいました。

家内にとっては人生の節目節目で思い出す方だったので、「もう体の中にいない方が楽だし、魂になってかえってご活躍されるのでは?」という気持ちがありつつも寂しさは拭いきれないようでした。
私はキリスト教式のお通夜に参加するのは12の時の母親(プロテスタント)の通夜以来でした。

香典や香典返しの風習もなく、記帳するだけで入場し、簡素なお花とお写真が飾ってある祭壇を見て、いかにも故人のお人柄を表した感じだな、と思いました。
(司祭の方の通夜ってあんな感じなのでしょうか? 日本仏教だと地位のある坊さんの葬儀はすごく大層な事になります。)

祭壇のお写真を見ると、かなりお痩せになってからのお写真でしたが、故人の何処か厳しいところもありながらも、暖かい包容力のある人柄そのもののお写真でした。
式が始まり司祭の方の儀式、祈願があり、その時から皆で立って聖歌を歌うのですが、日本語訳のものはプロテスタントと同じ歌で小学生の頃歌ったのと同じものでした。

それから神父様達からのお説教という事になっていましたが、聖書からのお話しというより故人との想い出のお話しでした。施設の館長様がお話しなられた
「父路門先生は延命治療がお嫌いで、いよいよ口から食べられなくなった時に点滴をしようとすると、“いりません、私を神様のところへ行かせて下さい”とおっしゃるのですが、点滴はいまや特別な延命治療ではなく普通の治療ですから、と説得すると、考えてから受け入れてくださいました。」
というエピソードはいかにも故人のお人柄をしのばせるものでした。

もう一人の神父様がお話しされる際
「父路門先生が“これからは、皆さんのそばにいます。今までは皆さんが私のために祈ってくれましたが、これからは私が皆さんのために祈ります”と言っています。…と思います。」
と、初め一人称の伝言調だったのが言い直される、という表現が何度かあり、故人の霊の言葉をどこかで分かる、と思ってられるんだろうな、とおもいました。
近代仏教の葬儀では聞かれなくなった言い方でイイな、と思いました。

式次第が終わり、最後にご焼香、そのあと参列者全員一人づつご遺体にご対面させていただけたのですが、本当にお痩せになっていましたが、胸の前で手を合わされた綺麗なご遺体でした。
何の執着もなくキリスト様の居られるところに行かれたんだなー、とつくづく思いました。

外面上全く違う宗教なのですが、一生涯祈り通した先輩宗教家の死はとても美しいものが感じとれ、これからの私の生涯の指針の一つになるだろう、と思いました。

________________________________
以上ココまでが投稿文です(^-^)v


⇩コチラは、去年のロヨラハウスから届いたXマスカードの写真です☆
(クリックすると、大きく見れます)
ロヨラハウスからのXmasカード
関連記事

Comment

ドキドキしながら書き込みしてます!
只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよヾ(≧∇≦)ゞ

一種の告白みたいで照れますが…
宇田(東) 三奈子さんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(;≧∇≦)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(*・▽・*)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみに宇田(東) 三奈子さんからの連絡待ってます(∩_∩)
コメントありがとうございます!
ドキドキしながらのコメントありがとうございます!
勇気を出してくださって、こちらこそ、ありがたい限りです(*^-^)/
お誉めいただいて、ただただ照れ入るばかりです(^^;)))/

最近は、実家の父の介護が始まり、まとまった文章を書く余裕がなく、ブログには大変ご無沙汰していましたが、ちょっと勇気付けていただきました☆
こちらこそ、ありがとうございます!!

「良いことがない」とのことですが、
「良いこと」って何でしょうね?

私個人の体験から考えると、私にとって「良いことがなかった」という時は、後から振り返ってみると、たいていが「私にとって都合が良くないこと」がほとんどでした(^^;;
ほとんどのことが、その「良くなかったこと」からの学びがあってこその「今の私」なのです。確かに良くないことが重なって起きると、かなり凹んでしまうこともありますが、「こういう時もある」と、あまりそのネガティブな部分に意識を持っていかないようにしています。
「必ず良くなる!!」と自分と周りを信じてみることはできませんか?
(まずは、自分をいたわり、大切にしてみることから始めてみては?)
そうは言っても心が和むようなこと、少し笑えたことはありませんか?
自然の中で(公園などでもいいのです)深呼吸をし、空や風や咲き誇るお花の中で「今ココ」を感じてみてもいいかもしれません。
これは全部、凹んだ時に私が個人的にやってみていることなので、他の方には合わないかもしれませんが、試してみてはいかがでしょう?


2015.05.23 18:45 | URL | ブログ筆者 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mina5east.blog.fc2.com/tb.php/70-c8c91136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。