ぼちぼちいこか
病気療養中だけどぼちぼち明るくいきたいネ♡

無理をしない勇気

個人的メッセージのやりとりで、
某人物の「無理をしていることに気づいたので、参加したかったけれどやめました」という言葉にずっと今日は気持ちを奪われていました。

私はヘタレの割に調子コキで、すぐ調子に乗って舞い上がり、気づくとかなりの無理をしていて、身体が悲鳴を挙げ、更には気持ちもドーンと落ち込んでしまう、
という情けないてん末を何度も繰り返す所があります。

調子に乗ると欲張りになって、「もっともっと!」と思ってしまう。
その度に連れ合いから「また!」と叱られます。

無理をするということは、自分も傷つけるし、周りも傷つけてしまうことがよくあるのは重々わかっているのに、舞い上がっていると都合のイイことを都合良く考えて、自分にも嘘をついているんだと思います。

「無理をする」ってどういう時か、って考えてみたら、
イイ所を見せたくて力んでいる時だったり、
何とかしたいと思って力んでいる時だったり、
欲張って(イイ意味でもそうでなくても)力んでいる時だったり、
結果を直ぐに出そうとして焦っている時だったりします。
大抵「力んで」いるんです。

力むと身体の動きもギクシャクして、あちこちが凝り固まって、自由じゃなくなる。
きっと心も自由じゃなくなっているんでしょう。

「無理をする」時は「自分が自分が」という想いに囚われて、自分が総べてを見通していて自分の肩に総てがかかっていると思い込んでいる時に陥るンだと思う。
でも、きっとそれは違っていて、大きな力で進んでいる中での自分の所にやってきているモノを「分を尽くし」てやっていければイイものなのでしょう。

リラックスして、素直な心でありのままでいたい、と前回書いたけれど、
その為には、「無理をするのはやめよう!」と思う勇気が必要なんだな、
としみじみ感じた次第です。

ンじゃ、また。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mina5east.blog.fc2.com/tb.php/51-b0f97aa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。