ぼちぼちいこか
病気療養中だけどぼちぼち明るくいきたいネ♡

チェンバロのコンサート

昨日、家喜美子(いえきよしこ)さんと仰る方のチェンバロのコンサートに行って来ました。
家喜美子さんは34年間オランダに在住されていて、ヨーロッパを中心に演奏活動もなさっていらした方です。去年、拠点を日本に置き直すことになさったそうです。(現在東京在住です)ちょうど日本に帰国なさってすぐくらいの時に、9月に富士に行く時に知り合いの方の車に乗せて頂いたら、同じ車に同乗なさっていたのが家喜さんでした。
行き帰りの間中ずっとお話ししても飽きないくらい楽しくて、その後、何度か御会い出来る機会もあり、コンサートに行かせて頂いたのです。

CDでは拝聴させて頂いていましたが、ライブはケタ違いにモノ凄かった!!
あまりに素晴らしく凄いので、私はちょっと別の所へ連れて行かれてしまい、昨日はご報告出来る状態ではなく、ご報告が遅れてしまいました。
思い出しても頭がちょっとクラクラして、涙ぐんでしまいます・・・
・・・ちょっとヤバイかも・・・。
とは言え、今日になっても、言葉に尽くし難いモノがあり過ぎて、どう凄かったのかをどうやってお伝えしたらイイのかさえわかりません。

特にバッハの曲は素晴らしくて、
音のひとつひとつに人生の様々なドラマが込められているような、
不思議な程の物凄い慈愛を感じました。

でね、家喜さん御本人がコンサートのしおりにバッハの「フランス組曲」について書かれている文章があったのですが、
「「フランス組曲」は・・・(中略)・・・あたかも、「深い悲しみの昇華が慈愛である」と語りかけているような作品である」とあり、
まさしく、おっしゃっているそのままを音楽として私達に差し出してくださっていて、またまた感動している私です。

5月にまたコンサートをなさる御予定のようですから、
もし、この私の訳のわからない感想にでも興味を持たれた方は、是非ともコンサートに足をお運びになってください。(その時はまたお知らせしますので)

ンじゃ、また。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mina5east.blog.fc2.com/tb.php/50-9a3f12a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。