ぼちぼちいこか
病気療養中だけどぼちぼち明るくいきたいネ♡

右手のすることを左手に知らすなかれ

今日というか正確には昨日、上石神井にある上智大学神学部構内にあるロヨラハウスに行って、父路門(フロモン)先生にお会いしてきました。

ロヨラハウスはイエズス会の神父様方の終の住処といえる施設です。
フロモン先生は3年前に入所され、
私はロヨラハウスに伺うのは初めてでした。

神父様達の……とはいえ、「終の住処」というイメージがあるので、
ちょっと心してお訪ねしたのですが、
ドアを開けて入った途端、
フワァ〜〜ッとした静かで温かくしかも明るい心地よい空気に逆にビックリしました。
「お祈り」に満ち溢れた場だからなのでしょうか、
素晴らしく呼吸しやすくて気持ちが良いのです。

応接室に通される途中にも、廊下の両脇の部屋から
介護をうけていらっしゃる神父様や、治療中の神父様、車椅子の神父様が伺えますが、
まさしく「神の御心」にお任せしていらっしゃるからなのでしょうか、
全く暗さを感じないのです。

応接室でフロモン先生をお待ちしている間も、
音楽ひとつ流れていない静かさなのですが、何かが満ち足りている空気の中で、
音楽がなくて静けさだけでも寂しくない空間……というものに、
逆に懐かしささえ感じました。

そしていよいよフロモン先生のご登場!
車椅子生活だと伺っていたのですが、
なんと、両方の手に杖をもって、杖をつきながらご自分の足でしっかり歩いてのご登場でした!
「やぁ、お待たせしてしまいました」と聞き慣れた外国人イントネーションのお声。
歩いてご登場だけでもうれしかったけれど、お顔を見ただけで妙にほ〜〜っとする私。

相変わらず自分で出来ることは自分でやろうとなさるお姿や、
物事をはっきり(ある意味素晴らしく辛辣に)おっしゃるし、
話題は介護や尊厳死のことにまで及びました。
連れ合いにも、仏教のことをお尋ねになるのですが、
彼と話をしていても、全くぶつかることがなく、
興味深く熱心に耳を傾かれていました。
本当に気持ちのいい時間を過ごさせていただきました。
まさしく昨日の青空のように爽やかで清々しく豊かな時間でした。

おいとまをして、ロヨラハウスを後にした帰り道、
ふと、思い出したのが、
昔、友人がフロモン先生のことを
「 "右手のすることを左手に知らすなかれ" (マタイ伝6章)というけれど、
フロモン先生くらいそれを体現なさっている方はいない」
と言っていたことです。

この言葉は、誰かのために何かをするとき、右手ですることを左手にはわからないようにするように、なるべく人に知られないように、相手にも気づかれないようにやることこそが愛である……といったような意味であると私は解釈しています。
今日お会いして、まさしくその通りだ、と深く感じ入りました。
この気持ちの良さや豊かな気持ちは、
まさしくフロモン先生の、この言葉通りのご姿勢があってのことだと感じました。
無私の心……とでも言ったらいいのでしょうか。

まさしく青空のような方。

フロモン先生には到底及びませんし、なるつもりはありませんが、
「右手のすることを左手に知らすなかれ」を心に刻み、
私なりの青空の人をめざそう、と思います。

果たして、どうなることやら……。




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mina5east.blog.fc2.com/tb.php/13-5166d5c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。