ぼちぼちいこか
病気療養中だけどぼちぼち明るくいきたいネ♡

映画『ハンナ・アーレント』

ちょっと前に観た映画ですが、やっと落ち着いて書ける時間と体力が揃ったので、書かせていただきます。

映画『ハンナ・アーレント』
ドイツ系ユダヤ人であった哲学者ハンナ・アーレントは、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命しました。
1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕され、アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その内容に世論は大揺れに揺れる…というのが、この映画の内容です。
ハイデッガーの愛弟子らしく、人間の存在を強く希求する中で「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンに対して、「この男は悪魔ではなく単なる公務員だ。ここに我々の時代の悪の問題の困難さがある」と、彼のなし得た悪とは<悪の凡庸さ>であった、と主張し続けた姿が描かれています。

期せずして、私はこの物議のもととなったアドルフ・アイヒマン裁判のドキュメンタリー映画を観ていました。まさしく、アーレントが言うように、彼は不器用で融通の効かない小役人にしか見えず、一緒に観に行った友人と、見終わった後でお茶を飲みながら、顔を見合わせては「……ウーーム……」と、こんな男が世界を騒がす被告人とは……と、人間の奥深さに頭を抱え込んだものでした。
それを、アーレントは<悪の凡庸さ>という言葉で切り込んだことに、息をのむ凄まじさを感じ、自分に対しても、ドキリとしたのです。

映画の中で、教鞭をとっていた大学を追われかけている時に、学生たちに向かって彼女はこう言います。
「アイヒマンを裁く法廷が直面したのは、法典にない罪です。そして、それはニュルンベルク裁判以前は、前例もない。それでも法廷は彼を裁かれるべき人として裁かねばなりません。しかし裁く仕組みも、判例も主義もなく、”反ユダヤ” という概念すらない、人間が1人いるだけでした。」
「彼のようなナチの犯罪者は、人間というものを否定したのです。そこに罰するという選択肢も、許す選択肢もない。彼は検察に反論しました。何度も繰り返しね。”自発的に行ったことは何もない。善悪を問わず、自分の意志は介在しない。命令に従っただけなのだ” と。」
「こうした典型的なナチの弁解で分かります。世界最大の悪は、平凡な人間が行う悪なのです。そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。そしてこの現象を、私は『悪の凡庸さ』と名づけました。」
「ソクラテスやプラトン以来、私たちは”思考”をこう考えます。自分自身との対話だと。人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。それは思考する能力です。その結果、モラルまで判断不能となりました。思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。過去に例がないほど大規模な悪事をね。私は実際、この問題を哲学的に考えました。”思考の嵐” がもたらすのは、知識ではありません。善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。ありがとう。」

私が自分のこととしてドキリとしたのは、「同じ(と思い込んでいる)日常の中で、パターン化し、そのパターンの中で(知ったつもりになって)考えるのをやめて、ただ機械的にその流れにのっていさえすれば安全であり、何らかの保証(と思い込んでいるもの)を保持できる(はずな)ので、この中で生きていればイイのかなぁ……楽だし……」と思う自分が顔を出す時があるからです。
まるで、彼女に、「 ”パターン化した生活に安穏と生きる、創造的ではない生活" は人間性を失うことにつながらない?」と問いかけられているような気がしました。
きっと、こうした ”わかったつもり” になることで考えることをやめ、無意識にその流れに身を任せた時に、アーレントの言う<悪の凡庸さ>が知らず知らずのうちに積み重なっていくものなのかもしれません。
本来なら、ひとりひとりが意識的にも感性的にも自立してこそ成り立つものが社会のはずなのに、パターンや ”わかったつもり” に依存してしまうことが、人間性だけでなく、自然や宇宙から離れていくことになるのかもしれません。

つまり、<悪の凡庸さ>というものは、誰もが心のすき間に潜ませているモノなのだ、と彼女は訴えているだけなのだと思うのです。

私自身でも、「病気である」という理由で都合が悪いことから忌避することが出来た時などは、うっかり「このままでもイイかなぁ…」なんてことを考えることがあります。(もちろん、やりたいことが出来ない事も多いので、いつまでも思っているわけではありませんが…)
ぼんやりとした甘い罠はどこにでもころがっており、それこそが、彼女の言う「悪の凡庸さ」の芽生えなのではないか……と、ドキリとしたのです。

人は「生きている」間中、身体細胞は生まれては別のものがなくなり、常に生まれ変わり、実は同じであることはないのだそうです。(なんとまぁ「生きている」ということは創造的なものなのでしょう!!)
……だとすれば、身体だけでなく、人の意識というものも常に創造的であればなぁ……と思うようになりました。
考えてみれば、そうした日常の方が楽しいに決まっているのです。

創造的であるということは、突き詰め過ぎれば苦痛を伴うこともありますが、日々の生活での工夫やちょっとした発見というものは、うれしいサプライズを呼び起こし、ワクワクし、心が躍るものです。
特に、自分以外の誰かの為にそれを使う時、思いも掛けないほどのギフトを逆に感じたり受け取ったりすることがあるのは、誰もが体験したことがあるのではないでしょうか?

彼女のいう「悪の凡庸さ」という言い方が厳しく感じ、責められているように感じる人も多いせいで、なんらかの反発を買ってしまうのでしょうが、要は、人間は常に創造的に愛をもって生きる生物であり、そこから離れることは危險なことだ…と彼女は言っているだけなんだと思います。どんなことでも ”わかっている” つもりにならず、ひとつひとつ丁寧に向き合って、自分の頭で自分らしく考え、創造的に生活していきたいものです。

映画『ハンナ・アーレント』オフィシャルサイト
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。